初めてのPCは、ブランディッシュ2をするために買った30万近い中古パソコンでした。


カエルとパソコン



どーも。大雪です。

最近、ぽつぽつと昔のことを思い出したりしております。年のせいかのぅ。

ということで、昔話をいたします。私のパソコンに関する歴史です。パソコンに興味ない人にはスイマセンねぇと思っております。










■パソコンゲームとの出会い■


いまでこそPCはスマホやタブレットなどバリエーションを増やし、、普通の家電となってしまいましたが、昔は違ったんです。

PCがある家庭なんてめったにありません。なにせ大変高価なものでした。その頃はNECのPC-8800からPC-9801に標準が移り変わって久しく、最も下のグレードでも、本体のみで40万円以上したものです。たっか!

そんなものに触れるきっかけとなったのは、私の友人でした。友人は、8ビットパソコン版のをリアルプレイしたことがある、年季の入ったPC女子でした。彼女のお宅は建設業を営んでいたため、身近に仕事用のパソコンが複数あったんです。

そこで始めて遊んだPCゲームがでした。これは女の子を成長させると、その過程によって様々な職業の大人の女性になるという育成ゲームです。友人の家に泊まり込んで3日3晩寝ないで遊びました。メチャクチャおもしろかったです。多分いまでも面白いと思う。も激おもしろかった。

これでPCゲームにはまった私は、知人の愛読書であるマイコンBASICマガジンの広告で見つけたブランディッシュ2(BR2)に一目惚れ。

フルマウスオペレーションに新時代を感じ、キャッチフレーズの”パーティーなんて組むものか”に痺れ、紺を基調とした深みのあるグラフィックと艶やかなドーラ(露出度高めの魔法使い)のキャラデザに心釘付けになった私は決めました。「このゲームのためにパソコンを買おう」と!




■BR2のために中古PCをローンで購入■


といっても、40万円は出せません。バイト代しかないので……。そこで、中古PCを買いました。
PC-9801RA21 386DX メモリ4MB HDD120MB ディスプレイ16インチ(多分) OSはMS-DOS3.3D その他含めて、30万近くしたはず。それをフルローンで買いました。なんという高価なゲーム機(´Д`;)

ゲームにしか興味がなかったので、フロッピーディスク(5インチ)をフォーマットしたり、フロッピーのゲームをハードディスクに移したりの最低限のコマンド以外はまったく覚えませんでした。



■windows3.1により、98時代終了■


RA21で楽しくゲームしていたのですが、実は時代は過渡期でした。NEC98シリーズが市場を支配し、価格が高止まりしていた日本でしたが、黒船DOS/Vが普及し始めたのです。

そして、Windows3.1の登場により、私のRA21は完全に時代遅れとなってしまいました。ゲームはもうPC98ではほとんど発売されなくなっちゃいました。お金もないので、私のPCライフは一旦ここで終了です。あーあ(o´Д`)=з



■遊んだゲーム■


プリンセスメーカーは、かのガイナックスが制作した育成シュミレーションの元祖。めちゃくちゃ面白い。

ほかには美少女ゲームもやりました。

その頃は美少女ゲームという名のエロゲーに勢いがあり、特にエルフとアリスソフトが有名でした。私も同級生とか闘神都市で遊びました(これらはHシーンはいっぱい出てくるんだけど、エロエロを期待するとそうでもない)。

エロゲーといってもゲーム性は高く、グラフィックは綺麗だし、特にアリスはシビアなんだけど救いもあるというようなシナリオが好きでした。

美少女ゲームは明らかに商業作品として技術力が足りないソフトもあり、パッケージサギみたいなのもあったけど、その分一般向け作品よりクリエイターの志向が見えたりして面白かったです。


そうした中で、一番遊んだのは日本ファルコムのゲームです。

記憶の中では、パソコンでRPGゲームをコンスタントに出していたのは日本ファルコムぐらいだったような気がします。

ブランディッシュ1.2.3.4
ぽっぷるメイル
英雄伝説1~5
西風の狂詩曲

やっぱり英雄伝説3の白き魔女が切ないよねぇ。敵も悲しいし泣いちゃうよね。好きなキャラは英伝5のマクベイン。なんでも気合で通すパワー系でありつつ、理不尽ではないところが好き。

そして私に初めての借金をさせたブランディッシュは何が何でも2ですね。絶対的に2です。本当にマウスが壊れるほどやりました。当時は光学式じゃなくボール式マウスなので、頻繁に分解して爪楊枝で掃除したものよ。3はグラフィック変わったのが残念。4は全クリしてない。




ではこの辺で。(続くかも)



●関連記事●

2018年度の目標は”新しいパソコンを買う”です!







関連記事

0 Comments

Leave a comment