FC2ブログ

S&P500とNYダウと楽天全米株式インデックスの違いがわからない(汗)ので、調べました。


白頭鷲

先日初めての特定口座デビューを果たした大雪です。売却した時の課税がイヤで避けていたんですが、ま、仕方ないか……(グズグズ)。

その際、NYダウを買い続けるか、S&P500か楽天全米に移るか検討したのですが、3つの違いがよくわからなくて苦労しました。

結局、楽天全米を買うことにしたのですが、その右往左往ぶりを今回はお届けします。

途中、ポエミーな感じで少々長いです。文中の信託報酬は税抜きです。







米国3兄弟の概要


まず初対面では見分けがつかない、似たもの米国三兄弟(指数)はこいつら。

・NYダウ(iFree NYダウ・インデックス)
・S&P500(iFree S&P500インデックス)
・CRSP USトータル・マーケット・インデックス(楽天・全米株式インデックスファンド)。

それぞれ構成銘柄数が違うのはわかる。上から、30、500、約4,000銘柄

でも数が違うからなんなんだ。それぞれの特徴は数以外に無いのか?

それがわからなくて、数日悩んでおりました。


3兄弟の特徴をザックリ把握


NYダウ 
構成銘柄数30。米国を代表する大企業で構成される。日本で言う日経平均的なやつ

S&P500 
構成銘柄数500。米国の主要な大型、中型株で構成される。米国株式市場時価総額の約80%をカバー。日本で言うTOPIX的なやつ

CRSP USトータル・マーケット・インデックス 
構成銘柄数約4,000銘柄。小型株も含み、米国株式時価総額のほぼ100%をカバー。日本で該当しそうな指数はわかりませんでした(´・_・`)

もっと詳しく知りたい人ははググっていただきたい。

ザックリは分かりましたが、3兄弟ともアメリカ株なのは変わりません。

では大雪はどう考えて購入ファンドを決めたのでしょうか。







かわいいNYダウの話


一般NISAで購入していたファンドの1つに、”iFree NYダウ・インデックス”がありました。本当はS&P500が欲しかったんです。ウォール街のランダム・ウォーカーを読んで影響されたのです。ミーハーですまん。

でもその時、S&P500が買える投資信託は”i-mizuho米国株式インデックス(信託報酬0.57%)”しかなかったんです。税とか実質コスト加えると、0.6%を超えます。

”iFree NYダウ・インデックス”なら0.225%でした。そこで、「ま、同じようなもんだし(違)」と独自に解釈して、NYダウを買うことにしたのでした。

こうして、仕方なく(失礼)選択したNYダウでしたが、付き合う内に愛着が湧いてきました。

NYダウって毎日情報が入ってくるじゃないですか。

私「今日はどうだい」
NY「上がったよ、史上最高値更新だよ」
私「よかったねぇ」


あるいは
NY「下がっちゃったよ。でもアメリカ経済は中長期的にみて右肩上がりが予測されているから、こんなのへっちゃらだよ」
私「そうかい、頑張ってね」


というようなハートウォーミングな会話が心の中で繰り広げられるわけです。危ないやつだなぁ。

もうこのままNYダウで行くかと思っておりましたら、つみたてNISAではNYダウ採用されなかったんです。

特定口座では関係無いですけど、ここで当初の計画通り、S&P500に乗り換えるかと考えました。少し前に、信託報酬0.225%の”iFree S&P500インデックス”ができたからです。

そこにいきなり新星が登場しました。





楽天・全米株式インデックスファンドの登場


通称”楽天VTI”が降臨です。信託報酬は0.16%です。楽天証券のつみたてNISAでも採用されています。

バンガードのETF(VTI)を買うだけのスタイルなので、実質コストはそんなに高くならないだろうと言われています(あくまで予想)。

楽天VTIの特徴は、なんといっても小型株まで網羅していることです

米国の小型株といえば、「ラッセル」という指数がウォール街のランダムウォーカーで紹介されていて、「ラッセルとかもかっこいいなぁ」と思っていました。ミーハーで申し訳ない。

成績はどうかというと、VTIとS&P500は大体同じでした(VTIは小型株が入っているので、リスク&リターンはちょい高)。

ちなみにS&P500は太めで吊りズボンのおっさん、楽天VTIはバンガードETFがベースなので、少し威張ってるおっさんっていうイメージです。


楽天VTIにした理由


結局、楽天VTIにしました。

・どっちも株だからそもそも上下は大きいし、なら小型株も入れて、ちょっとだけどダイナミックな方を買ってみよう。分散性も高いし(後付け)!

・ポートフォリオに占める割合も低いから、あんまり真面目に数字考えなくてもイイだろう(最悪)!

・信託報酬安いし(実質コストも安くあってくれ)!


そんな感じの理由でした。理由になってるかな?( ̄◇ ̄;)

S&P500と半々で持てば?というご意見もいただきましたが、やはり管理を考えて、ファンド数は抑えていこうと考えました。

半々にして戦わせるとか面白そうなんですけどね。


ということで、楽天VTIを我がポートフォリオに迎え入れ、一緒に資産形成していくこととなりました。

頑張れVTI。頑張れアメリカ!


●関連記事●
2018年からはつみたてNISAにします
売却した一般NISA分を特定口座で買い直し!アセットアロケーションも手直し!
投資初心者及び投資を始める前に読む本推薦リスト









関連記事

0 Comments

Leave a comment