投稿:2017.09.24 | 更新:2017.09.26

年収1000万の男とか安くない?


お花畑


いきなりチャレンジングなタイトルで始まりました。
まず最初に、年収1000万は安くない高い、ということは申し上げておきます、ハイ。

1000万円稼いでいる優秀な男性と結婚してラクしたい女性。
定期的にネタになる話ですが、つねづね疑問だったんですよ。
年収1,000万ごときで贅沢できると思ってんのか?









現在のネタ元はこの記事のようですね。
絶対に年収1000万円以上の男性と結婚したい

いや、「女優並みの容姿と抜群のスタイルでしかも処女としか付き合いたくない」
と言っている、夢みる王子達と同じチームに所属する女性の発言なのでどうでもいいんですが、年収1000万に夢見すぎだろと思ってさ。

どんだけ贅沢出来ると思ってるんだい。まず、専業主婦自体がすでに贅沢品の世の中ですからね(専業主婦を望んだのは実は過去の男性たち自身だったのだが、これについては触れません)。でも家族でつつましく暮らすだけじゃ嫌なんでしょう?実際に結婚して家族4人で生活してみればわかるだろうが、総支給1000万なら全然だぞ。イメージは数千万は無いと実現しないと思うよ。

実際に年収1000万の男性を捕獲して結婚したとしましょう。自分は仕事を辞めました。そして、タワーマンションの高層階、子供は幼稚園から名門私立、車はレクサス(リースで経費なら別にいいか)、年一回海外旅行、勿論昼間はママ友とホテルランチで月に一度は家族で星付きレストランでディナー。たまにケータリング。

とか思い描いてるなら、無理だよそれ。死ぬぞ。しかも服とかエステも入るんでしょう?稼ぎ手である旦那さんの小遣いは5,000円でいいのかな?貯金はどうしようか?ぜんっぜん足りてないよ。

こいつなら金持ってると見込んで結婚したのに、プチセレブにも届かないようじゃ面白くないでしょ。どうせなら年収1億以上は狙っていこう(ただし借金の返済額は要チェック)!

しかし庶民がどうやって金持ちと出逢えばいいのか、それが問題だね。高級不動産とか扱う会社に入社したらお客さん金持ちかもよ。がんばれ!


そして一番の狙い目はやはり年上だ。当然だけど、若者より年季の入った男性の方が年収高い率はアップする。

年寄りは嫌?自分が若いうちに相手が死んでくれるんだからお得と考えよう。もちろんそれを見越してへそくりは貯めておけ。お金が大事なら妥協は必要。自分にとって何が一番大事なのか考えるんだ。金だろ!だったら加齢臭くらい我慢するべき!がんばれ!




で、まあ、ここまで来ましたけど、実はこの手の女性と縁遠いのでよくわからないというのが真相です。すまんな。

しかし、話題の記事の女性は、家事スキルがアピールポイントになると思っているようですが、それ自体はレベルの差こそあれ、生活するものとして当然あってしかるべき。男女関係なく。
それが武器になると思っているなら幼稚と言っていい。

そもそも、平均より多少美人でも、30歳過ぎた年収だけが目当ての女に勝機はないでしょ。だったらもっと若いほうがいいし、いっぱいいるもの。愛があれば年齢なんて関係ないけど、
この女性には無いわけで。

どうして自分がまだ戦えると思っているのか、その自信はどこから来るのか。謎は深まるばかりですよ、お嬢さん。












ブログパーツ


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント