資産配分を決めたというわけよ

カエルと葉っぱ*


何回目の仕切り直しかわかりませんが、アセットアロケーション決めました。
多分失笑されるので公開したくない。
恥ずかしい。でもブログやってるので一回だけ見せる。



まだ何も届いてませんが、5月から私のiDeCoが始まるようなので、それで見直しをしました。
その前に悩んだのが、iDeCo口座とNISA口座でどう配分するか。具体的には、教科書通り、期待リターンの高い商品をiDeCoに集中させるか、です。脳が痛い時間の始まりです(涙)。
どういうこと?と思った人は、さあ、この記事を読んでください。

資産配分管理方法の二大流派―2017年3月の個人型確定拠出年金(iDeCo)積立と運用成績 (The Arts and Investment Studies)

読んでくださいと言っておいてなんですが、私はこんなきちんと考えてませんから突っ込まないように。

最初はiDeCoとNISAを一つとして(つまり教科書的に)やっていこうと考えていました。でも私の投資予算と希望配分では上手くいかなかったんです。iDeCoは2万3千円って決まってるし。それでモヤモヤ中に、iDeCoとNISAを同じような資産配分で持ってたらリバランスとかもNISAでやればいいんだしむしろ簡単なのでは?という地点に到達しました(簡単じゃないかもだけど……)。幸いNISA枠はがっつり余っているので枠が消滅する心配は無いし。
なのでiDeCoとNISAでほぼ同じ資産内容にして、普段はiDeCoで投資、リバランスはiDeCoとNISAを合算してNISAでやる作戦で行こうかな、みたいな(積立NISAが来たらどうしよう。特定口座とか。もうわかんないからその時考えよう)。

以下決めたと言った問題のアセットアロケーション。

現金    37%
国内株    7%  
先進国株  34%
新興国株  12%
先進国債券  5%
新興国債券  5%

数字が細かいけどあんまり気にしないで。なんでこう決めたのかは説明できるほど根拠無いので聞かないで。

先進国株にはNISAだけで買うiFree NYダウ・インデックスも入れています。あと新人も加入。新興国債券さんです。ようこそ。ずーっと気になっていたのでiDeCo始めるし記念に買っちゃおうと思いました。適当~。

この計算をするのに、わたしのインデックスの資産配分ツールと、ファンドの海のポートフォリオグラフメーカーを利用させていただきました。算数できない私はこれらのツールが無いと色々無理。ありがとうございました。でも理想的なところに持って行けなくてごめんなさい。

まあこんな感じで行くつもりです。夫の貯金とかは含めてないので、家計全体として考えると、現金部分はもっと少なくても良いくらいですが、暴落とか来た時に少し買い増し出来るくらいの余裕は確保したい、という下心を持って貯める。さあ、あとは国民年金基金からの手続き完了通知を待つだけです。はやくー!

あーちょっと待って。
よく考えたら合算して考えるのNYダウ別で買ってる先進国株だけだ。あとのはiDeCoとNISAでそれぞれ管理すればいいんだ。というわけで、そうするぞー!






にほんブログ村 インデックス投資






スポンサーサイト

                

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます